リフォーム比較サイト

家を新築リフォームする前に必ず知っておきたい|ココが気になり始めるベスト3!

今日は今家を建てようと考えている人に知っておきたいと思う事を記事にしていきます。

なぜこのような記事を書くのか?というと。

そうですが、私自身が後悔している事があるからなんです。

外観や内装の意匠的な部分はどうにでもなるし生活上何の問題もないのですが、

やっぱり「見られて恥ずかしい」「不便」「面倒くさい」といった内容は出来る限り設計の段階で排除するべきです。

家を建てたらココが気になり始めるベスト3!

今回、家を建てて築4年の私が目の当たりにした現実をご紹介します。

家を計画中の方のお役に立つ記事になればと思います。

ナンバー1 外壁の汚れ

まず初めは私の中で断トツとなる「気になる場所です」。

築3年目で藻・苔が気になるレベルになってしまいました。

まだ築3~4年なのに外壁が汚れているだけで古く感じてしまうんですよね。

人生で最大の買い物をしたにもかかわらず、10年もたたないうちに汚れが気になるなんて・・・。

色々な面でショックです。

最大の要因「白色の外壁を選んだ事」となります。目立ちにくい色を選んでいればこんなにも気になる事が無かったのかな?と少し後悔しています。

ただし、白色を選ぶ際にサイディング材のグレードを上げるなどの対策をしておけば、もう少し違った結果になったかもしれません。

(例えばKMEWさんでいうと光セラなど)

やっぱり外壁の汚れは恥ずかしいです。

その為、自分の手で届く場所は汚れがめだったら掃除をするようにしています。

自分で掃除をする際には下記のワンステップクリーナーはオススメです。

サッシの雨だれにも効果があるので、手が届く所だけでも掃除してあげると見た目が全然違います。

ただし、ゴム手袋や眼鏡を装着するなど徹底してから掃除に取り組んでください。

また、使用できない箇所もある(アルミや鉄もダメなので、サッシも)ので、丁✖寧に掃除していきましょう♪

私はホース接続タイプを購入したのですが、手元でストップができないので蛇口が通りお家には向かないかもしれません。

その場合は希釈して使えるタイプをおすすめします。

ナンバー2 駐車場駐輪場のスペース

我が家は駐輪場&駐車場スペースが非常に狭いです!

なんとか置くことはできるのですが、それ以上の事ができません。

家を設計する際に何となく「自転車と車がおければ別にいいだろう」と安易に考えてしまいますが、実はかなり重要なんです。

毎日自転車や車を出し入れするのが大変だと結構ストレスが溜まってしまいます。

しまいには、「家をもう少し小さくしてスペースを広げれば良かった・・・。」なんて思う事もしばしば。

「庭は必要ない」と考えている方も、自転車・車の置き場所はある程度余裕を持った設計をおすすめします。

ナンバー3 窓の性能&断熱

「冷暖房はエアコンやこたつで解決!」だけでは満足できないのが住宅です。

窓(サッシ)の性能で快適空間になるかそれとも・・・という分かれ道にもなります。

エクセルシャノン ウェブカタログより

どういう事かというと、

夏場は外から入ってくる熱い空気を家の中に入れたくないし、エアコンで冷えた空気を外に逃がしたくないですよね。

冬場は夏と逆の発想になりますね。

その時に重要なのがサッシの性能なんです。

エクセルシャノン ウェブカタログより

特になつばは、窓際の日差しがきにならないでしょうか?日に照らされるだけで暑くてやっていけませんよね。

いくら性能のよいエアコンを購入しても、根本的な問題を解決しない事には快適な暮らしはできません。

サッシってすごく奥が深いんです。節約にもなるし、ストレスが1つ取り除かれるかもしれませんよ。

最後に

参考になったでしょうか?

高価な買い物なのですが、人の意見に流されてしまう事も多い家の建築やリフォーム。

10年たってしまえばしょうがない事も多いのですが、3年~5年で後悔はしたくないですよね。

家を計画する前から、問題になりそうな項目をあらかじめ拾い出して、潰していくのも良いかと思います。

-リフォーム比較サイト
-, , ,