建材の話

後から階段に手すりは付けられる?|リフォームで快適に暮らそう

パナソニック ベリティスカタログより

階段に手すりがないというのは、非常に危険です。

私の実家も階段に手すりがないので、今後両親が歳を取るにつれて危険な場所にならないか心配しています。

手すりは後からでも取り付け可能なので、ぜひぜひ怪我をしたしまう前に取り付けするのをおすすめします!

そもそも後から階段に手すりは付けられるの?

パナソニック ベリティスカタログより

結論からいいますと、取り付けは可能です。

しかし、取り付けには注意点がありますので、ポイントだけお伝えしておきます。

後から手すりを取り付ける際の2つのポイント

せっかく手すりを取り付けするのに「余計に危険になった」という失敗がないように、ポイントを押さえておいてください。

ポイント1 後から手すりを付けるには下地が必要

まず手すりを付けることは物理的な可能なのですが、手すりには人間の体重がかかるので、しっかりとした下地か必要となります。通常新築時に手すりが付いていないとすると、その壁には下地(コンパネなど)が入っていません。石こうボードでは手すりが持たないです。

※下地が入っていない所に取り付けると、手すりを持ったときに外れてしまい、余計に怪我をしてしまう可能性があります

ポイント2 取り付けは大工さんにやってもらおう

素人レベルでも道具があれば取り付けができない事はないのですが、取り付ける位置などを間違えるとかえって危険な階段になってしまうので、多少費用はかかりますが、ケチらずに大工さんに依頼をしましょう。

パナソニックのリフォーム専用手すりなら下地補強が不要

パナソニック ベリティスカタログより

商品としてはとても単純です。

専用のブラケットベースを住宅の柱・間柱に取り付ける事で、ブラケットベース自体が手すりを取り付ける為の下地の代わりをしてくれます。

パナソニック ベリティスカタログより

こちらの商品であれば、壁に下地が入っていない場合でも手すりが取り付け可能となるわけです。

見た目としてはもちろん台座がない方が良いのですが、後付けとなると、この方法が一番安価で短期間で済みます。見た目的にもそんなに違和感がある訳ではないので、オススメですね。

手すりを付けることで階段の登り降りも楽になりますし、もし、今手すりがないのであれば付けた方が良いと思います。

取り付けは器用な人なら自分でできるかもしれませんが、基本的には大工さん仕事になります。

まとめ

いかがでしたか?今の新築には手すりが当たりまえのように取り付けされているのですが、少し前に建てたお家だと手すりがない可能性があります。手すりがあるのとないのとでは安全性や上り下りの負担が違ってきます。

お孫さんが遊びにきた時にも手すりは重宝しますよ。

家の中を見回して少しでも危険な所があるのであれば改善していきましょう!

-建材の話
-, ,