建材の話

室内階段にこだわりたいけど・・・間取りが決まってしまっている・・どうにかならない?

今日は室内階段について。

室内階段について

 

新築の戸建てやスケルトンリフォーム時に間取りの中でもポイントとなるのが「室内階段です」。

どれだけLDKや居室の間取りを良い物にしても、肝心な階段でつまずいてしまう事もしばしば。

実際に、私が新築を建てた時には、階段の位置が決まってしまい、ある意味「妥協した」という事になります。。

なぜ階段を妥協してしまうのか?

通常、室内階段というと、木製で作られている商品が多いです。

実際、建材メーカーのパナソニック・リクシル・ウッドワンなどは木製階段を販売しています。

また、基本的には階段の隣に壁がある(両側・もしくは片側)という設計が多い為、間取りを決める時に重要なポイントとなります。

結局、壁が無い所には設置する事が難しく(一部壁が無くても設置できる商品もあるが、規格品の販売の為、自由度がきかない)という欠点があります。

↓一般的な階段のイメージ

パナソニックベリティスカタログより

一部、下記のような階段もあるが、規格品となっており、自由度が聞きにくい(基本ストレート階段のみ)

パナソニックベリティスカタログより

その為、どうしてもこのような建材メーカーの階段で間取りを検討すると、階段を優先するのか?部屋を優先するのか?

という「どちらかを妥協する」ことになってきます。。

間取りに合わせてオーダーメイドしたいならKATZDENARCHITECのスチール階段が良い?

価格的には建材メーカーの既製品の方がはるかにやるいと思われますが、スチール階段ならオーダーメイドができるので間取りを妥協する必要はありません。

何十年も住む家だから、できる限り納得した家づくりをしたいものです。

カツデンアーキテックのスチール階段

カツデンアーキテック室内階段・手すり総合カタログ21年度 より

↓カツデンアーキテクツさんのカタログはこちら↓

https://my.ebook5.net/katzden/

いきなり表紙におしゃれな階段が掲載されているこのカタログ。

階段がメインのカタログになってます。

中をのぞくと、

カツデンアーキテック室内階段・手すり総合カタログ21年度 より

カツデンアーキテック室内階段・手すり総合カタログ21年度 より

カツデンアーキテック室内階段・手すり総合カタログ21年度 より

おしゃれな階段の事例がたくさんあります。

スチール階段ならではの、間取りに合わせたオーダー品のようです。

LDKに設置しても、一つのオブジェのように美しくて、来客ウケも間違いないですね。

コストはかかりますが、「間取りは妥協したくない」という方にお勧めです。

スチール階段の注意点

・通常の木製階段に比べてコストがかかる

・発注してからの納期がかかる

・デザイン重視の為、小さなお子様がいる家庭では配慮・転倒防止策などが必要

となります。

工務店さんに事前に早めに相談した方がスムースです。

特に納期に関してはトラブルの元になるので、事前の相談が不可欠です。

 

まとめ

我が家も少々妥協した室内階段ですが、

間取りを妥協する必要も無く、デザインもすぐれた階段がありました。

階段にも少しこだわろうかな?という方には非常におすすめのメーカーになります。

参考になればと思います。

新築の間取りって迷うけど、室内窓を付ける間取りにしたらよかったというちょっとした後悔。

外壁汚れの原因かも?築3年のトイレの換気扇の掃除をしてみた結果・・・

2021年 外壁材は光セラにしたらよかった><::初期投資の金額ばかり考えた結果後悔しました!

 

-建材の話
-, , , , ,