仕事×自己成長

仕事を効率良く行う方法とは?|朝全力で終わらせて、夜は自分に投資しろ

日本のサラリーマンを見ていると、朝早くから夜遅くまで仕事をしている人が本当に多いですね。

理由を聞くと「忙しいから帰れない」という当たり前の答えが返ってくるのですが、果たしてそれは正しい働き方だと思いますか?

仕事は【午前中に全力で終らせる】と【夜は勉強に専念】を使いこなせが、人生が変わる

自分をパーソナルブランディングする為には、まず自分を成長させるための時間を作る必要があります。

朝は早くて夜は遅い生活の会社員は、自己成長の為に勉強をする時間すらもてないというのが現状です。

それでは、現状維持でしかありませんよね?

では、今の仕事を疲労が少なく且つ効率良くこなすにはどうすればいいのか?を考える必要があります。

仕事は午前中でけりをつけて、夜は勉強に専念する

基本的に考えないといけない仕事は午前中に片づけるべきです。誰でも経験があると思いますが、昼ごはんを食べた後はやる気が低下しますし、脳がうまく動いてくれません。

午前中に5分頑張れば出来る仕事でも「夜ゆっくりやろう」と残してしまう人がいます。夜やろうは危険です、理由は朝5分で出来る作業が夜になると10分、15分かかってしまうからです。夜になると電話も少なくなり、時間がたっぷりある感覚に襲われます。それが罠です。

私は基本的に午前中で一日の仕事を終わらせる気持ちで働きます。なので、話をしている暇もないし、本当に忙しいのですが夜はすんなりと7時までには会社を出ます。

午前中に仕事をある程度こなしてしまえば、その日の昼からきた依頼は次の日の処理でも問題はありません。

(前日に来ていた依頼を1日ほっておくと催促が来てしまうかもしれませんが、その日の昼からきた依頼を次の日に回してもそうそう怒られる事はありません(例外はありますが))

そうして、夜早く帰宅をする事で自分の成長の為の自分時間を確保できるわけですね。

仕事は午前中に全力で片づけて、夜は自分に投資しよう

人間の集中力は45分・90分ほどしか続かない

そもそも人間の集中力は限られた時間しかありません。

学校の授業がそれを物語っていますが、大体45分~90分までですよね。

集中力が無い時にこなす仕事って、すごく非効率だと思いませんか?感覚でいうと、1時間で終わる作業が2時間・3時間かかってしまうようなイメージです。2倍・3倍、いやそれ以上に非効率だという事になります。

朝の集中力と、仕事で疲れた後の夜の集中力がどれだけ違うかは一目瞭然ですね。

知らないうちに遅くまで会社に残っている事が正義になっていませんか?

朝の3時間は集中の時間・夜の就寝前は記憶の時間

朝は脳が一番元気な時間です。その中でも、起床後の3時間は最高に脳がさえている時間だそうですね。

という事は単純に朝が一番仕事がはかどるという事になります。

午前中宇に全力で仕事に取り組む事で、だらだらと1日を費やする仕事に匹敵する時間を確保する事ができるんです。

また、朝とは違って夜の就寝前は記憶力が高まっているそうですね。

記憶力が高まっているという事は勉強にもってこいの時間です。その時間を仕事の作業で使うのはもったいないと思いませんか?

大切な時間を勉強に充てられるか、それとも仕事に追われて作業を行うのか・・。

どちらが将来の自分の為になるかわかりますよね。

1日の中に自己成長の為の時間を確保しよう

という事で、明日から仕事を午前中で終わらせるつもりで取り組んでみてください。

「1日あるからあとでいいや」はただの妥協であって、非効率です。

一生ただの会社員でいいのであればそれで良いのですが、自分をブランディングしたいのであれば、今の生活を見直すべきです。

社会人が勉強すれば人生が変わります。

頑張って行きましょう。

-仕事×自己成長
-,